資本主義経済は、自由な交換を基本としている。 抑圧的な共産主義」の神話の鏡像が「解放的な資本主義」の神話である。 すべての人のニーズが満たされる豊かな市場で、すべての人が自由な選択をし続けるという考え方は、何億人もの人々の経験によって完全に否定されているのである。

なぜ、資本主義による抑圧が無視されるのか? なぜ資本主義による抑圧は無視され、共産主義による抑圧は(たとえそれが事実でないとしても)増大するのか? 資本主義による抑圧は、資本主義の下で生きているから無視される。 イデオロギーに固執する国家は、独断的な物語を作り出す。

資本主義のもとでの女性の抑圧の根底には何があるのか。

実際、家族構造に対応する性別役割分担、不平等、期待、そしてそれを強化する労働力における女性の不平等な地位は、資本主義社会における女性の抑圧の基礎を形成している。

資本主義のもとでの女性の具体的な抑圧は何か?

資本主義のもとでの女性の具体的な抑圧は、資本主義社会における女性の二重の役割にある。 女性は家事の負担を負いながら、社会的生産において従属的な地位を占めています。 この2つの側面は、互いに補強し合っているのです。 工場やオフィスなどで働くことで、女性はソーシャルワークを行っているのです。

資本主義と家父長制の違いは何ですか?

女性の抑圧は非常に古く、資本主義に先行しており、資本主義も抑圧のシステムであるが、よりグローバルな性質を持っている。 家父長制とは、簡単に言えば、男性による女性の抑圧と客観化のことである。

フェミニズムは男性の抑圧を永続させるのか?

それは、女性の抑圧が資本主義下の生産関係によって永続され、したがって労働者階級の搾取に直接根ざしていること、そして男性の女性に対する態度がこの物質的基盤から派生していることを決して認めていないのです。 フェミニズムは、男尊女卑を、女性だけが克服できる自然で永遠の役割とする。

女性への抑圧の根底には何があるのか?

女性の抑圧の基本は、妊娠・出産時の弱さです。 この期間の一部は赤ちゃんを抱っこする以外働けず、この期間の大部分は部分的にしか働けず、精神的・肉体的に弱くなっていると感じています。

マルクスによれば、抑圧の根源は何なのか。

一方、マルクス主義者は、あらゆる抑圧の根源は資本主義社会の経済組織と、それに付随し強化される権力と支配の構造にあると主張する。 このアプローチは、抑圧を階級関係に「還元」したり、その重要性を軽んじているとして、しばしば批判されます。

抑圧と奴隷制には関連性があるのでしょうか?

女性の抑圧と奴隷の抑圧の間のこのリンクは、カール・マルクスの同時代の、非マルクス主義的、非批判的理論家の別のクラスをもたらす。それにもかかわらず、「抑圧者」と「被抑圧者」について明確だったのは、アメリカのアフリカ系の人々である。

カール・マルクスによれば、抑圧の例とは何でしょうか。

例えば、マルクスはしばしば抑圧された階級について語ったが、これはグラムシの亜人種概念に似た概念で、プロレタリアート、失業者、農民、農夫、奴隷、農奴などを指している。 特殊な抑圧は、労働者階級、あるいは他の抑圧された階級を、自分たちの間で分裂させる。

マルクス主義とジェンダーや人種との関係はどうなっているのか?

マルクス主義は、ジェンダーや人種といった非階級的抑圧と複雑な関係を持っていた。 大多数にとって、史的唯物論は「人種に盲目」「ジェンダーに盲目」であり、階級的搾取についてのみ説明を与えるものである。