したがって、愛は共産主義の最小限の形態である」。 彼は、自分の「真の政治」を、彼が「議会主義」と呼ぶものに反対することと定義している。 彼の政治は主観的な経験に始まり、真実の手続きを含み、共産主義社会で終わることを祈っている。

リスクのない恋愛は不可能なのでしょうか?

ニュースをいち早くお届けします アラン・バディウのフォローを開始する。 "危険のない愛は、死のない戦争と同じくらい不可能である" "1人 "よりも "2人 "の視点で世界を見たとき、どのように見えるのか?

愛とは本来、自由なものなのでしょうか?

愛とは本来、自由なものです。 売買や交換はできない。 誰かに自分を愛することを強制したり、相手が自分を愛することを止めたりすることは、どんなお金でもできません。 愛は閉じ込めることはできないし、確立することもできない。

お金がなくても人を好きにさせることができるのか?

誰かに愛を強要することも、愛から遠ざけることも、お金ではできません。 愛は閉じ込めることはできないし、成立させることもできない。 愛は物質でも商品でもなく、取引可能なエネルギー源でもありません。 愛には領土も境界線も、測定可能な質量やエネルギーもない。

何が愛で、何が愛でないのか。

何が愛で、何が愛でないのか。 それが何であるかを知れば、それを認識し、追求することができるのです。 愛はあなたより大きい。 愛を呼び込むことはできても、それがいつ、どのように、どこに現れるかを決めることはできません。 愛は、報酬として含めることはできません。

ラブの正体とは?

これこそが愛の本質であり、愛そのものは操作することも封じ込めることもできないのです。 愛は、それぞれの魂の主権を尊重します。 愛はそれ自身の法則である。 Deborah Anapol著「The Seven Natural Laws of Love」より抜粋、出版社の許可を得ています。

愛は閉じ込めることができるのか?

愛は閉じ込めることはできないし、確立することもできない。 愛は物質でも商品でもなく、取引可能なエネルギー源でもない。 愛には領土も境界線も、測定可能な質量やエネルギーもない。 性的パートナーや結婚相手まで購入することが可能です。

人生とは本来、リスクを伴うものなのでしょうか?

人生とは本来、リスクを伴うものです。 何としても避けなければならない大きなリスクはただ一つ、何もしないことのリスクです。 - デニス・ウェイトリー あきらめるより、餓死する危険を冒す方がいい。

何としても避けなければならないリスクとは?

何としても避けるべき大きなリスクはただ一つ、「何もしない」というリスクです。 アメリカの作家であり、講演者でもあるデニス・ウェイトリーによるこの賢明なアドバイスは、ビジネスにも応用できます。 しかし、今日の多くのリーダーの行動を見ていると、そのことに気付くことはないだろう。

あなたは、避けるべき大きなリスクを一つ知っていますか?

"人生とは本来、リスクを伴うものである。 何としても避けるべき大きなリスクはただ一つ、それは「何もしないリスク」だ。 アメリカの作家であり、講演者でもあるデニス・ウェイトレイのこの賢明なアドバイスは、ビジネスにも当てはまります。 しかし、今日の多くのリーダーの行動を見ていると、そのことに気付くことはないだろう。

リスクマネジメントには本質的な欠陥があるのか?

アメリカの作家であり、講演者でもあるデニス・ウェイトレイのこの賢明なアドバイスは、ビジネスにも当てはまります。 しかし、今日の多くの経営者の行動を見ていると、それを知る由もない。 リスクマネジメントは、ほとんどの組織において基本的かつ一見賢明なプロセスであるが、その論理には本質的な欠陥がある。

なぜ、リスクを取ることが難しいのか?

残念ながら、リスクは悪く言われます。 うまくいくことに目を向けるのではなく、うまくいかないことばかりに目を向けてしまいがちです。 さらに、想定外のことを避け、予測可能な結果を出そうとする個人や組織にとって、リスクを取ることは特に難しいことです。

ずっと誰かを愛していることは可能なのか?

"人を愛する時、その人だけをずっと愛しているわけではない、その瞬間瞬間が大事なんだ。 それは無理な話です。 そのように装うことさえ、嘘なのです。 それなのに、私たちの多くはそれを要求している。 私たちは、人生、愛、人間関係の浮き沈みをほとんど信じていません。

恋愛をせずに人を好きになれるか?

好きな人がいても恋をしていないと、二人きりの時間が長くなりがちです。 そういえば、付き合い始めた女の子を休日に誘ったのも、彼女が好きで楽しいと思ったからでしたね。

年齢に恋することは可能か?

恋に落ちるというのは、魅力が薄れて消えていくこととは別のことで、時間がかかるものです。 実際に魅力が低下しているというよりも、年齢を重ねた人のホルモン的な背景が関係しているのでしょう。

人を愛することを学べるか?

人を愛するには、さまざまな方法があります。 人を愛することを学ぶのは一日にしてならず、プロセスであり、しかし努力する価値はあるのです。 人を愛するということはどういうことなのか。 人を愛するということは、その人を自分の優先順位に入れ、その人との関係を尊重することです。

肉体的に惹かれない相手と恋に落ちることは可能なのか?

しかし、デートで見つけた相手との間に恋愛感情はあっても、実は性的な興味は感じられないということもあります。 今回は、「肉体的に惹かれない人を好きになってもいいのか」ということについてお話します。