4 私はキリスト教徒として、この宇宙には創造的な人格的な力があり、それがすべての現実の基礎であり本質であると信じているからです。 歴史は最終的に物質ではなく、精神によって導かれる。

なぜ神様は私たちを特定の人に近づけてくださるのでしょうか。

なぜ、ある人とある人の間で絆が深まるのか、なぜ、見知らぬ人と突然絆を感じるのか。 神様が私たちを特定の人に近づけるのは、その人が今、私たちの人生に必要な人だからということのようです。 その人たちは、人生について、あるいは自分自身について、大切なことを教えてくれる人たちです。

なぜ、神様は私に必要な人を必要なタイミングで送ってくださるのでしょうか? 人生のステージによって、引き寄せられる人が変わることもありますが、それが信仰のすばらしさだと思います。 その人たちを通して、求める答えを与えてくれるのです。 あなたの良さを引き出してくれる人たちとの距離を縮めることで、あなたを啓発してくれるのです。

なぜ、神様は私たちの人生に人を呼んでくださったのでしょうか。 神様は、永遠に残る運命の人たちのために、私たちをより良くするために、彼らを私たちの人生に呼び寄せたのです。 問題は、その人たちが去っていくときに、私たちがその人たちを手放すことができずに、動揺してしまうことです。

どうすれば神とつながることができるのか? しかし、本当に神とつながるためには、自分の精神の中にある秘密の場所に入り、そこで神と出会う必要があるのです。 静かな場所は助けになりますし、神と淡々と時間を過ごしたいときには孤独を求めるべきです。 また、神と過ごすために行く場所を決めておくことも効果的です。

あなたは自分の人生における神様の呼びかけをどのように認識していますか?

神様の御言葉は、あなたの人生における神様の召命と、神様の人々に対する計画と意志について、何らかの洞察を与えてくれます。 あなたは祈りながら心を尽くして神を求め、神の特別な計画と神のあなたの人生への召命を見分けるのを助けてもらう必要があります。 神様が導いてくださるところならどこへでもついていく信仰と勇気を与えてくださるようお願いします。

あなたの天職は何ですか?

天職は、特定の状況、人生のある期間、あるいは人生全体に関係するものである。 すべてのクリスチャンは、神への従順な生活という一つの主要な召命を持つ一方で、個々の召命をも持っています。 神様は、私たち一人ひとりを、人間関係、仕事、奉仕、都会など、人生のさまざまな時期に、さまざまなことに呼んでくださいます。

聖書には、神の召命を果たすことについて、どのように書かれているのでしょうか?

(ヨハネ14:6、NIV)あなたの人生を通して、神様の召命は大きな困難をもたらし、しばしば苦しみや失望をもたらします。 一人では成功できない。 聖霊の絶え間ない導きと助けがあってこそ、神様から託された使命を果たすことができるのです。

聖書は、人生の天職を見つけることについて、どのように語っているのでしょうか。

聖書にはこう書かれています。 "主とその力を求め、絶えずその臨在を求める"。 (第一歴代誌16:11)。 祈りながら神を求め、あなたの人生に対する神の召命を決定してもらいましょう。 主が導いてくださるところなら、どこへでもついていく信仰と勇気を与えてくださるよう、主にお願いします。

神様はあなたを呼んでいるのでしょうか?

神様はあなたを呼んでいますが、それに応えるかどうかはあなた次第です。 1テモテ2章4節にはこうあります。 "神はすべての人が救われ、真理を知るようになることを望んでおられます。 神様は素晴らしい計画をお持ちで、あなたを使いたいと願っておられます。 彼はあなたを罪と不幸に満ちた人生から、真の平和と喜びに満ちた人生へと救いたいと願っています。

神様は、あなたがいつ出会いを求めているのかを知っているのでしょうか?

なぜなら、あなたが他の人と出会う準備ができたとき、神様はいつも知っておられるからです。 神様はいつも完璧なタイミングを知っています。 適切なタイミングで適切な人物を送ってくださる。 それは、自分にとってそのような人が存在するという希望をすでに失い、恋愛を完全にあきらめたときに起こりうることです。

私たちは、この世で神と出会う準備ができているのでしょうか。

聖書は、人はこの世に生まれた時点で神と出会う準備ができていない、と教えています。 神様は、人はみな不義の中に生まれるとおっしゃいます。 つまり、私たちの罪は、この世で神と出会うために覆われなければならないのです。

神様は誰かと付き合えというのでしょうか?

この人はきっと自分のことも好きなんだ、と分かれば、神様はきっと付き合えと言っているのでしょう。 最後に、神様が誰かと付き合えと言っているのかどうか、相手のあなたに対する気持ちを見ることをお勧めします。

神様に会うための準備とは?

この文章は、一言一句がとてもシンプルです。 聖書にはこう書かれています。 "あなたの神に会う準備をしなさい" "prepare "は簡単に言うと「準備する」という意味です。死ぬ準備をする、裁きを受ける準備をする、主の到来を待つ準備をする、などです。 聖書には、人はこの世に生まれた時点で神と出会う準備ができていない、と書かれています。

どうすれば神と関係を持てるのか?

神との関係は、友情と同じようにシンプルであるべきです。 「神はそのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。 (ヨハネ3:16) - そうすれば、あなたもあなたの友人も知ることができます - 自分自身に神の実在を証明するのに十分であり、そして神の愛で全世界を祝福することができるのです。

神との個人的な関係を始めるには?

私たちは、信仰によって神との個人的な関係を始めます。 私たちは罪の中に死んでおり、キリストだけが私たちを救い、神との交わりを回復することができます(エペソ2:1-5、コロサイ2:13)。 エペソ2:8-10は教えています。 「あなたがたは、恵みによって、信仰によって救われたのです。

神様と関係を持つとはどういうことでしょうか?

神との関係は、自分が罪人であること、そしてイエスが自分の罪のために十字架上で死んでくださったことを認めることから始まります。 それは、あなたの人生をイエスに捧げること、イエスをあなたの主、救い主として従うことを選ぶことから始まります。

個人的に神とコミュニケーションをとるにはどうしたらいいのでしょうか?

注 - 最初に神のために、次に他人のために、そして次に神以外のすべてのことに時間を割くこと:神の意志が常に第一でなければならない。 ありがとうございました。 断食と祈りも、キリストを信じる者が個人レベルで神とコミュニケートするための霊的訓練である。 それは、単なる活動や日課ではなく、関係であるべきです。

どうしたら神様とより親密な関係を築けるのでしょうか?

神様との関係をより親密にするためにできることの3つ目は、祈りによって神様に語りかけることです。 聖書を読むことが神様からの語りかけを聞くことなら、神様との対話は祈りによって行われます。 福音書には、イエスが祈りの中で父と語り合うために孤立していたことがよく書かれている。