プーチンのロシアはスターリンを更生させる。 第二次世界大戦で勝利を収め、超大国を率いた強力な指導者というスターリンのイメージが復活している。 スターリンの誕生日を祝う会(2015年、モスクワ)。

プーチンは欧米を追いかけようとしているのか? 欧米の政治家の中には、水面下で争えば欧米の決意を弱め、結束を崩しかねないから、プーチンはこれに急ぎたいのではと疑う者もいる。 しかし、米国のアンソニー・ブリンケン国務長官は日曜日にCNNで、プーチンの目標は「かつてソ連の一部だった国々に再び影響圏を確立すること」だと懸念していると述べた。

ロシアはなぜ最古の人権団体を解散させたのか?

ロシアの最高裁判所は火曜日、外国代理人法違反の疑いで、同国最古の人権団体であるメモリアル・インターナショナルを解散させる判決を下しました。

プーチンは「臆病な」西側諸国の亀裂を露呈しているのか?

クーパー氏は、個人的な立場で、プーチンは「臆病な」西側諸国の亀裂を暴露しており、EU最大の国であるドイツは、まだ同盟国と共にウクライナに武器を供給していないと、Metro.co.ukに語った。

地政学的なチェス盤でプーチンは次に何をするのか?

(CNN) 2022年に向けて、西側諸国はロシアのウラジーミル・プーチン大統領の複雑な地政学的チェス盤の上での次の動きを予測しようとしている。

プーチンは西側からの脅威を懸念しているのでしょうか?

しかし、現実を直視しましょう。 プーチンは、うらやましいほどの地位と決断力をもってすれば、西側からの脅威など気にも留めないだろう。

西側は東欧でプーチンに手を出させることができるのか?

西側諸国はロシアに対して戦略的に非常に有利な状態で今週を迎えるので、書類上、プーチンに東欧で非エスカレーションをさせるのは比較的容易なはずである。 しかし、プーチンが20年以上も政権を維持しているのには理由がある。

なぜ欧米の外交官は、ウクライナに関するプーチンとの協議が失敗したことを心配しているのだろうか。

欧米の外交官の中には、プーチンが会談を失敗させ、ウクライナに深く侵攻するための口実を得るつもりで、ロシアがクリミア半島を併合し、ウクライナ東部のドンバスの大部分を占領した2014年の出来事を繰り返そうとしているのではないかと懸念している者もいる。

欧米の外交官は本当にロシアとの戦争に備えることができるのか?

西側諸国の外交官たちは、自分たちが虚偽だと信じていることに対して覚悟していると言う。それゆえ、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、同盟はいかなるロシアの軍事行動にも対応できると主張し、米国と欧州は、いかなる侵略も大規模な経済制裁で対応すると固く警告しているのである。

プーチンは欧米との戦争を回避するために譲歩を求めているのか?

米国政府関係者の中には、この要求は意図的に非現実的なものであり、拒否されて軍事行動の口実にされることを計算していると懸念する者もいる。 他の外交官は、ロシアのプーチン大統領は、戦争回避のために西側同盟から譲歩を引き出すという高邁な目標を持っていると考えている。

ロシアのウクライナ侵攻に欧米はどう対応するのか?

ロシアによる旧ソビエト連邦ウクライナへの侵攻の懸念が高まる中、西側諸国は月曜日に会合を開き、対応策の調整とモスクワに対する一連の制裁措置を準備する予定である。 米国は外交官の家族にウクライナからの退去を命じました。

ロシアとウクライナはパリで何を合意したのか?

(CNN) ロシアとウクライナの交渉担当者は、水曜日にパリで行われた数時間の会談の後、ウクライナ東部の恒久的な停戦は「無条件」に尊重されなければならないという点で合意した。

ウラジーミル・プーチンは欧米の制裁を恐れているのか?

しかし、プーチンが怯むことはないだろう。何しろ、彼は何年も前からこの事態に備えてきたのだから。 ロシアは2014年、ウクライナのクリミア半島を併合し、反政府勢力に武器や時には軍隊を供給してウクライナ東部の分離主義紛争を煽った後、初めて欧米の制裁に直面しました。

ソ連は人権のために何をしたのか?

1989年、ソビエト連邦に政治的抑圧の犠牲者の調査・記憶回復と一般的な人権運動の支援を専門とする市民権団体「メモリアル」が設立されました。 認知度が低い州は斜体で表記しています。

ロシアで人権団体はどうなっているのか?

人権団体は、ロシア政府関係者が拘束されたまま失踪したケースを批判している。 また、ラムザン・カディロフ率いる武装勢力や連邦内務省による組織的な違法逮捕や拷問も報告されています。

ロシアの人権法に対する主な批判は何ですか?

この法案は、ロシアにおける国際的な人権監視に影響を与える可能性があるとして、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、メモリアル、INDEM財団から激しい批判を受けている。

2019年、ロシアの人権はどうなったのか?

2019年8月10日、モスクワ中心部で平和的な抗議活動中に警察部隊を見守るデモ参加者。 2019年、ロシアにおける人権状況は悪化の一途をたどりました。 市民活動の活発化に対して、当局はごく一部の例外を除き、禁止令や抑圧的な法律、見せしめ裁判などで対応した。

ロシアはクリミアの人権に何をしたのか?

2014年にロシアがクリミアの領土を奪還した後、約60年間独立していた同地域を掌握した。 ロシアによるクリミア占領期間中、国連は数々の人権侵害を報告してきた。